スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村

Jリーグ第7節 vs大宮アルディージャ

12.04.21

Jリーグ第7節 vs大宮アルディージャ

4月21日(土)、NACK5スタジアム大宮にて行なれました、Jリーグ第7節 vs大宮アルディージャの試合結果をお知らせいたします。

2012Jリーグ・ディビジョン1 第7節 
大宮アルディージャ vs 浦和レッズ 
2012年4月21日(土)18:33キックオフ・NACK5スタジアム大宮

試合結果
大宮アルディージャ2-0(前半2-0)浦和レッズ
得点者:8分 チョ ヨンチョル(大宮)、27分 ラファエル(大宮)
入場者数:12,709人

ん~今日の試合は
 前半の早い時間に失点
 いつものラファエルにやられる
 後半は大宮がどんどんどん引き
これにつきると思います。

やっぱりまだまだ後半のように完全に引かれちゃって真ん中を固められちゃうと、
崩せるまでにはいたらないなーって。
だから、うちはまだまだなんだな、って気づかせてもらいました…
と前向きにとらえてみたいと思います(笑)
でも、やっっぱり悔しい…

次のホームでのダービでは浦和が成長したんだぜ!
っていう姿をぜひ見せてほしいですね。

でわでわ。

Jリーグ第7節 vs大宮アルディージャ後のコメントはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村
12.04.21

「我々の行く道はしっかりと見えている」ミシャ監督

Jリーグ第7節 vs大宮アルディージャ後のコメント

「ノーマルな敗戦ではなく、ダービーでの敗戦ということで、非常に痛いです。前半に関しては、一連の攻撃に対して、後手後手に回ってしまった感があったと思います。真ん中のゾーンで相手にスペースを与えてしまった、そしてディフェンスラインも本来よりも低い位置にきてしまい、全体が下がりすぎていたように感じました。
立ち上がりの早い段階で失点をしたことで、ゲーム展開は我々にとって難しいものになってしまいました。相手は1点をリードしたことで自陣で引き気味にしっかりと守備を作っていましたし、そういった中からボールを奪ってカウンターという、相手の狙い通りの展開になってしまいました。1点をリードされてからは我々は同点にするべく攻撃を仕掛けたわけですが、我慢しきれずに慌てて仕掛けてボールを失い、カウンターを食らうというシーンが多かった、その中で我々は2点目の失点をしてしまいました。
後半は我々が一方的に攻めるゲーム展開になりましたが、大宮のGKは非常に良いセーブを見せて、時にはDFの選手がゴールに入る直前にクリアするなど、非常にチャンスがあったにもかかわらず、特にGKのセーブにチャンスを阻まれたと思います。相手のGKは、大宮のサポーターやクラブから何かプレゼントをもらってもいいくらいの、素晴らしい働きだったと思います。
後半に見せたようなサッカーは、本来、90分を通してやらなければいけないと思います。一方的に攻めてゴールチャンスも作ったのですが、ただ、それが入らない。そういったゲームというのもサッカーにはあると思います。もちろん、このダービーを応援してくださったサポーターの皆さんには非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです。私には、我々の進むべき道というのはすでに見えています。必ず、我々は上に上がっていきます。ただ、上に上がっていくまでには非常に厳しい道のりであり、それは我々の宿命であると私は思っています。ただ、私自身、我々の行く道はしっかりと見えていますし、必ず、我々はそういった道のりを乗り越えて、上に上に向かっていけるはずだと私は思っています」

【質疑応答】
(1点目も2点目も相手の左サイドから破られての失点でしたが、サイドの守備で相手の狙いや、何か気になるところは?)
「相手の左サイドがストロングポイントであることは分かっていました。チョ・ヨンチョル選手、左サイドバックの下平選手、彼らが攻撃で良いものを持っているのは分かっていましたし、我々もそれには気を付けていました。
1点目の失点に関してはうちが余っているような状況でしたので、うまく予測していれば対応できていたと思います。
2点目のクロスに関しては、槙野の頭を越えてラファエル選手がヘディングシュートをしましたが、決して防げない点ではなかったと思います。ただ、そういったことというのは相手と我々のせめぎ合いですし、相手もそういったものを狙って攻撃をしてくるというのも分かっていましたが、防げない、それもサッカーというものです。
ベンチから見ていて、あそこにパスが出るだろうなと予測もできました。ただ、うちの選手が相手よりも先にそれを予測して動くことができなかった。坪井も阿部も永田も、あの場面では防げるポジションにいました。もし私がベンチから飛び出していって防げるのであれば、そうしたかったくらい、予測もできていましたが、うちの選手は予測できなかった、だから反応が遅れた。そういった意味では選手は試合の展開の中で、状況を早く察知して相手の攻撃の芽を摘まなければいけないのでしょう。坪井、阿部、永田に関してもインテリジェンスがある選手なので、予測能力というものも持っている選手だと思います。ただ、あの場面では、相手よりも先に反応することができなかった。そういったものはあってはならないと思いますが、ただ、起こってしまうのがサッカーだと思います」
(おっしゃるとおり後半はチャンスを作っていたが、ロングシュートやアーリークロスなど、仕掛けの変化という考え方については?)
「おっしゃるとおり、ロングシュートを狙っていくというのも、あのように、DFがしっかり守備を固めている中での一つの打開策としてあると思います。阿部も狙っていましたし、マルシオもそういったシーンがあったと思います。
ただ、今日に限っては相手のGKが素晴らしいセーブを見せていました。もちろんもっと狙っていれば、ということも思われるかもしれませんが、ただ、試合に負けてしまうと何を言っても言い訳になってしまいます。相手は中を固めてきていたので、平川や梅崎を使い、クロスからランコのシュートということを狙って投入したわけですが、試合の中で、そういったランコの中での強さというのを生かし切れなかったのは確かです。大宮はGKだけでなく、DFもゴール前に2人立っていたような形でしたので、ゴールするのはなかなか厳しいゲームでした。この敗戦から、我々はしっかりと学び、次につなげていければと思います。負けたからといって、必要以上に悲観することはないと私は思っています。我々も5試合の中では4勝1分けでしたから。
もちろん、我々が長い道のりを戦っていく中ではこういったゲームもあると思います。大切なことは、自分たちのやること、自分たちが目指していることを見失わずに、継続してやっていくことです」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンタ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

みれ~ぬ

Author:みれ~ぬ
FC2ブログへようこそ!

Twitter

Twitter < > Reload

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
14373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
最近の記事+コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
Jリーグ公式
Lc.ツリーリンク
Lc.ツリーカテゴリー
天気予報
今日のサポ占い♪
ジオターゲティング

ジオターゲティング
広告バナー
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。