スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村

Jリーグ第10節 vsジュビロ磐田

12.05.06

Jリーグ第10節 vsジュビロ磐田

5月6日(日)にエコパスタジアムにて行なれました、Jリーグ第10節 vsジュビロ磐田の試合結果をお知らせいたします。

2012Jリーグ・ディビジョン1 第10節 
ジュビロ磐田 vs 浦和レッズ 
2012年5月6日(日)16:04キックオフ・エコパスタジアム

試合結果
ジュビロ磐田2-2(前半1-0)浦和レッズ
得点者:25分・71分 ペク ソンドン(磐田)、52分 槙野智章 、66分 原口元気
入場者数:22,193人


なんかね、デジャヴ?!ってぐらいの前半だったように感じました(汗)
ほんと前節のマリノス戦の続きをみるんじゃないだろーかと^^;
それぐらい運動量でジュビロに負けてたなぁorz
だからよく前半は1-0で終わったもんだと。

ただ、後半の入りはとても良かったと思うし、ジュビロも面食らった感じだったなぁ。
とにかく出足がよくていい感じで槙野、原口くんと点を決めて…まではよかったんだけどね。

久しぶりなリードだった(かな?)のもつかの間…
またしてもデジャブ?!みたいな点の取られ方をしちゃったな…
1失点目とどこが違うの?!みたいなw
特に逆サイドからのクロスに対して全くと言っていいほど対応しきれてない感じがorz
この課題は是非早く克服してもらいたいですね><ノ

ただ、ま、今日の内容からすると引き分けられてよかったなーって感じでしょうかね。
課題を修正して次節の新潟戦にしっかりと準備して久々にホームでの勝利(4/14の神戸戦以来)をお願いします♪

でわでわ。

第10節 vsジュビロ磐田後のコメントはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村
12.05.06

「次のゲームに向けて切り替える」ミシャ監督

第10節 vsジュビロ磐田後のコメント

「両チームの選手にとって非常に厳しいゲームだったと思います。なぜなら両チームとも木曜日に試合をして中2日でのゲームということでコンディション的には非常に厳しいゲームでした。前半は前節と同じような形になってしまいました。相手の方が一歩、二歩、常に反応が早く、五分五分のセカンドボールもよく拾われて、押し込まれた形を作られてしまったと思います。なかなかそういった形でボールが収まらない中、攻撃に割く時間というのはなかなか作れませんでした。
ただ、ディフェンスのところでは、相手に効果的な攻撃はさせなかったのではないかと思います。磐田は攻撃に強いものがあると思いますが、その磐田に対して崩された形を相手に作らせなかったのではないかと私は思います。我々は2失点、しましたが、2失点とも、クロスから合わせられての失点、どちらもほとんど同じような形での失点になりました。
前半、1点リードされた形で折り返した後半、逆に我々が相手を押し込むような形で攻撃を仕掛けられたのではないかと思います。そういった中で、1-1に追いつき、2-1と逆転して、3点目を取れるチャンスもいくつかあったのではないかと思いますが、それを決めきれずに、また1失点目と同じような形で、失点をしてしまいました。もちろん、勝利できなかったことは残念ですが、アウェイで1ポイントを取れたことは、我々としてはOKという考えで、次のゲームに向けて切り替えてやっていかなければいけないと思います。
選手たちは後半、特に勝利への貪欲な気持ちを見せて逆転しました。残念ながら2失点目を喫してしまいましたが、そういった試合があるのもサッカーだと思います。長いシーズンを戦っていけばこういったゲームもあります。とにかく我々は、そうして失敗をしたところからしっかりと学んで、次につなげていければ、と思います」

【質疑応答】
(野田を起用した理由は?)
「磐田のストロングポイントは、右サイドです。右サイドの駒野選手からのクロスというのが磐田の強さであると思います。その右サイドを抑えなければいけないという意味で、野田を起用しました。野田に関しては宇賀神よりもディフェンスのところでその課題をしっかりやってくれるというふうに判断しましたので、彼を起用しました。競り負けるようなところで、彼が失点に絡みましたが、駒野選手を抑えるということに関して、よくやってくれたと私自身は思っています。駒野選手は攻撃のところでそれほど良いものは出せていなかったと見ていますから」
(同じような形で2失点したということですが、監督から見て修正点は?)
「もっとも自分たちにとって危険なのは、相手に直接ゴールにいかれるような攻撃を仕掛けられることです。それを防ぐためには、まず中をしっかりケアしなければいけない。ピッチ上のすべてで相手に何もさせないというのは、サッカーでは不可能です。試合中、相手にまったくクロスを上げさせないというのは無理だと思います。まず中で相手にやらせないようにサイドに追い込んで、というのは、どのチームも採用している守備の形だと思います。1失点目については、GKの加藤、槙野、野田と3人の選手がそれに対応できるポジションにいました。それにもかかわらず、失点をしてしまいました。2失点目のときは野田が競り負けている、というシーンだと思います。そういったところでの失点を防ぐには、個人個人が気を付けなければいけません。より、集中を切らさない、あるいは予測をする。あるいは良いポジションをとる。そういったことは、細かいところですが、それでも選手たちはその場面に応じて、やらなければいけないのです。それをトレーニングでどう修正していくかとい
うことですが、トレーニングでいくらうまくいっていても、試合の中ではああいうものが出てきてしまう、それがサッカーだと思います。個人の選手が試合の中で、さらに集中を切らさずにやりきるということが大切だと思います。それは選手との話し合いの中で解決できることだと思います。そういったところはトレーニングがどうこうよりも、個人の選手がいかにそのことを意識して、試合の中でそれをやるかどうか、です。前田選手がニアに飛び込むのか、ファーに流れるのか。彼の傾向を教えることはできても、前田選手がニアにいくのかファーにいくのか、という判断をして防ぐのは、その場面の、その選手が判断してすることです。
それをトレーニングでやったからといって、防げるかといえば、トレーニングというよりも、その場面での選手個人の判断が大事になってくるのではないかと私は思います。そういった場面というのは、集中力の問題だと感じます。F・マリノス戦についても同じことが言えると思います。2点とも、170センチくらいの選手がヘディングでシュートしたと思いますが、それに対応できないのは、私は集中力の問題というのがあると思います。その場面でしっかりその選手が見えているのかどうか、ということです」
【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンタ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

みれ~ぬ

Author:みれ~ぬ
FC2ブログへようこそ!

Twitter

Twitter < > Reload

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
14400位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
最近の記事+コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
Jリーグ公式
Lc.ツリーリンク
Lc.ツリーカテゴリー
天気予報
今日のサポ占い♪
ジオターゲティング

ジオターゲティング
広告バナー
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。