スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村

13.05.26 Jリーグ vs柏レイソル

13.05.26 Jリーグ vs柏レイソル

26日(日)、国立競技場にて行われました『2013Jリーグ DIVISION1 第13節 vs柏レイソル』の試合結果をお知らせいた
します。

2013Jリーグ DIVISION1 第13節
2013年5月26日(日)16:04キックオフ・国立競技場

柏レイソル 2-6(前半0-2) 浦和レッズ
得点者:17分 原口 元気、45+1分 柏木 陽介、63分 柏木 陽介、68分 マルシオ リシャルデス、75分 田中 順也(柏)、79分 森脇 良太、85分 近藤 直也(柏)、87分 マルシオ リシャルデス
入場者数:34,021人

ちょ…2試合連続6得点って聞いてないよー(笑)

まさかここまで点差が開くとは思わなかったけど、ガチで勝負してくれた柏だったからこその展開だったかな。
やっぱりドキドキするような試合みたいし♪去年は去年で別の意味でドキドキしてたけど^^;
でも、得点差ほど大味な試合だとは思わなかったってことろが正直な感想。
今日は中継が倉敷さんで安心してみられたし♪

それに全てのゴールがよかったと思いますね。元気くんにしろちょっと変わったかなって思ったし。
柏木くんは足の状態がちょっと心配だけど、FK決めて交代するなんてかっこよすぎじゅやろw
マルちゃんも最近途中出場ばかりだけど、試合でふてくされることなく守備も攻撃も頑張っててGJ!!!

あれ?

だれか忘れてね????ん~だれじゃろ?www
ま、それは冗談だけど^^;

他の選手のゴールにはみんな駆け寄るのに、せっかくいいゴール(運もあったけど)だったのに、誰ひとりとして、駆け寄るどころか近寄りもしないってどんだけハブられてんねんってツッコミ入れてた(笑)

それにしても、ゴール後に顔を隠すのって、もはやチーム内流行なのかな(笑)
それとも森脇くん(あw)もせいなのかなー?^^;

数年前まではこんな楽しみ方も出来なかったんで、正直嬉しいなって♪
最近は仕事やらなにやらでスタジアムへはなかなか足が向かないんだけど、そのうち行きたいです。

次は中2日で仙台戦で、コンディション作りは厳しいかもだけど中断まで後1つなんで、気持よく中断期間に入りたいですね^^¥

でわでわ。

追伸:
ってかレディースのが心配?今日も得点取れずに負けたらしいし><;
どこぞで前田持ち出す新聞さえある始末(ネタないのね…ちゃんと仕事(取材)しましょうよ)。
ん~;w; クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村
13.05.26
「今日の勝利に浮かれず、次の厳しい戦いが待っている」ミシャ監督



Jリーグ第13節 vs柏レイソル 試合後のコメント

「勝利した後の記者会見とはコメントがしやすいものです。まずは今日もたくさんのサポーターが訪れた中で、両チームがすばらしいプレーをしました。まずそれがすばらしかったと思います。我々はいつもどおりリスクを負っても攻撃的なサッカーをできたのではないかと思います。
柏は、水曜日にACLを戦っていますから、特に後半は疲労の色が見られたと思います。我々はそうした柏に対して良いプレーをして勝てたと思います。ただ、今日の勝利に浮かれては決していけません。水曜日にはまた厳しい戦いが待っています。2失点にしても、あってはいけない失点でした。ただリスクを負って攻撃をしているかぎり、失点する危険はあるかと思いますが、それはなくしていかないといけません。
もちろん、我々は後ろから仕掛けていく、那須、森脇、槙野とDFが攻撃していくサッカーをしているので、彼らが集中を欠いてしまうシーンというのもあるかと思いますが、そうした失点シーンに関しては、改善していきたいと考えています」

【質疑応答】
(得点は縦に早い展開が目立っていました。いつも意識していたものが出ていたのでしょうか。それとも相手がレイソルであるからでしょうか?)
「もちろん、我々は奪ってから縦に早くというものを日ごろから意識しています。ただ、今日に関しては、レイソルがカウンターをいかに武器にしているか、ということが分かっていましたから、その部分にいかにはまらずに戦うかということを意識していました。
前半も何回か相手のカウンターで危険な場面がありましたけど、そういう場面もできるだけ少なくできるように意識していました。そして我々がカウンターを仕掛けられるようにしたいと考えていました。もちろん相手があってのことですから、できないこともありますが、狙いとしてそうしたものがあったのは事実です」

(レイソルが浦和対策をして、槙野、森脇の攻め上がりを警戒していましたが、やりづらさはありましたか?)
「相手がうちのストッパーの選手に攻撃的なプレーをさせないようにするのは予想がついていました。そうであっても、中央で崩せると考えていました。中央はクレオがいますが、那須と阿部のところで、2対1です。我々は攻撃の組み立てのところで、前に運べて進入できていたので、そうしたところで相手をはがしていくことはできると考えていました。我々のチームは、典型的なDFのタイプの選手はいません。森脇、那須、槙野、阿部、啓太もボランチもできれば、DFもできる、サイドもできるというタイプの選手たちです。チームが勝利していればそれをよしとしてもらえるでしょうし、負けていればなぜ典型的なDFを置かないのかと言われるでしょう。ただ我々は、全員でサッカーをするということを核に考えています。
日本のサッカーの味方ももう少し変わってもいいのかなと思っています。昨日の前日会見でも、最近失点が続いている、ということを言われたのですが、なぜ我々は6得点のことに焦点を当ててくれないのかなと思います。やはり守備的に戦っていては6点は取れません。サポーターのみなさんのサッカーの見方も、少し変わっていいのかなとも思っています。我々はリスクを冒して常に攻撃的に戦っています。そうした中でもちろん負ける試合というものもありますが、負けたという結果だけではなくて、内容、チームがどういうサッカーをしているのか、ということも見てほしいと思います。
もちろん応援しているチームが負ければ、応援しているサポーター、チーム関係者が悲しむのは当然です。ただ、見に来てくれた方が、楽しかったねと言ってくれるのが理想です。私は理想を追い求める人間ですが、内容の質を上げていくこと、それが必要なことなのではないかと思っています。
レイソルも良いゲームをしたと思います。得点シーンという以外でもチャンスがありました。私自身、サポーターとしての視点で見れば、今日の試合は良いゲーム、楽しめたゲームだったと思います」

(満足し、楽しめたゲームでしたが、失点のシーンが不満なんですが、それについてコメントをいただけますか?)
「森脇がゴールを決めたことは良かったです。ただ、どこに向かってドリブルをしているのか分からないときがありますが(笑)。1失点目に関しては、槙野がクリアをしなければいけなかったでしょう。槙野は、本当にすばらしいトッププレーヤーです。彼は得点が多く入ったことで、自分がゴールをしたい、という思いが強くなったのでしょう。あれだけ、攻撃参加をすれば力が出せない、集中力が切れる場面もあるでしょう。バランスを今後考えることが必要だと思います。
私としては、攻撃に行く意欲を止めないといけないのかもしれません。最近、うちの選手は誰もが前に行きたがりますので(苦笑)。昨年は、誰も行かないので、行け、行け、と言い続けていたのですが、今シーズンは、誰もが行こうとしています。全体のコントロールをもう少ししなければいけないのかもしれませんね(苦笑)」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンタ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

みれ~ぬ

Author:みれ~ぬ
FC2ブログへようこそ!

Twitter

Twitter < > Reload

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
14373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
最近の記事+コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
Jリーグ公式
Lc.ツリーリンク
Lc.ツリーカテゴリー
天気予報
今日のサポ占い♪
ジオターゲティング

ジオターゲティング
広告バナー
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。