スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村

Jリーグに暗雲…。 不況の影響で失われる若手育成の場

Jリーグに暗雲…。 不況の影響で失われる若手育成の場

 プロ野球とJリーグの各チームがシーズン開幕に向けてスタートを切った。

 プロ野球は2月1日に全チームがいっせいにキャンプインするが、Jリーグチームのキャンプ日程は監督の方針やクラブの事情で様々。1月中旬からキャンプを始めているチームもあるし、これからというチームもある。

 経費節減でほとんどのチームが国内の宮崎、鹿児島などでキャンプを行っているが、異色なのは広島だ。まず1月18日から27日まで宮崎で第1次キャンプを行い、30日から2週間、トルコ・アンタルヤで第2次キャンプに入る。

 気候温暖なアンタルヤはサッカーのキャンプ地として知られ、1月から2月にかけてはヨーロッパ各国から1000以上のチームが来てトレーニングを行う。ヨーロッパの強豪と練習試合を重ねて強化を図ろうというわけだ。そして帰国すると再び宮崎で第3次キャンプ。1ヵ月半近く、トレーニング漬けの日々が続くのだ。

 広島は昨年、J1昇格直後にもかかわらず4位と健闘した。キャンプ日程には、さらに上を狙おうというクラブの意気込みが表れている。

 各チームの戦力補強もほぼ終わった。大物の移籍加入は清水の小野伸二(ドイツ・VfLボーフムから)、川崎の稲本潤一(フランス・レンヌから)、名古屋の田中マルクス闘莉王(浦和から)、J2札幌の中山雅史(磐田から)、横浜FCの大黒将志(東京Vから)といったところ。また、日本代表のFWだった久保竜彦は広島からJFLのツエーゲン金沢に移籍した。最近は故障の影響で出場機会が減っていたが、JFLでの復活を期待したい。

選手の人員削減に加えてJリーグ2軍戦が廃止に

 その一方で経営が厳しいため戦力縮減に踏み切るクラブも少なくない。選手を大量に放出するチームが目立つのだ。

 J2の栃木、柏、鳥栖、大分は昨季のメンバーのうち17人、東京ヴェルディは16人もの選手が退団した。もちろん新加入の選手もいるが、どこも10人前後と放出人数より少ない。Jリーグのチームは30人前後で構成されているから、半分が入れ替わったうえ人数が大幅に減るチームがあるわけだ。メンバーがガラッと変われば、チームのイメージも変わるし、ファンやサポーターも違和感を覚えるに違いない。

 今季のJリーグには、もうひとつ大きな問題がある。若手に試合経験を積ませるために行われていた2軍戦「サテライトリーグ(昨年はJ1・18クラブとJ2・9クラブが参加)」が昨季を区切りに廃止されたのだ。理由は大半が無名選手のため観客が集まらず、その結果、試合も盛り上がりと緊張感に欠け、育成の意味を失いかけていること。また、収入に結びつかないのに選手の移動や宿泊、試合会場の確保などの経費はかかり、クラブの大きな負担になっていることだ。

 だが、それはプロ野球だって同じこと。2軍戦は観客も少ないし、ほとんど収益にならない。にもかかわらず2軍戦を行っているのは、この場での実戦経験が選手のレベルアップを促し1軍に上がって銭の取れる選手に育つ期待があるからだ。サテライトリーグがなくなれば、Jリーグの若手育成が停滞する可能性が高い。

 一応、Jリーグサイドも対応策を考えている。以下にあげるのは、そのために検討されている主な案だ。

●プロ契約選手数を25人に制限する(チームのメンバーが少なくなれば若手が出場できる確率は高くなる)

●ベストメンバー規定を廃止する(これまでJリーグにはベストメンバーで試合に臨まなければならないという規定があり監督が自由に選手起用できなかった。それを廃止すれば若手の出場機会も増える)

●カップ戦(ナビスコ杯)をリーグ戦と同時進行させ水曜に開催する(週末のリーグ戦の間の水曜日にカップ戦を行うことで過密日程になる。そうすればレギュラー選手は疲労するから若手の出場機会が増える)

 つまりサテライトで実力をつけるという段階を端折って、若手がいきなりトップの試合に出やすい状況を作ってしまう。それがお金がかからない問題解決法ということだ。

クラブ同士が連携して育成のためのリーグ戦も

 もちろんプロになった選手の多くは、それ相応の実力の持ち主であり、これらの対応策は望むところ。チャンスを生かして活躍する選手も出てくるだろう。だが、中にはまだ発展途上の選手もいる。パワーや技術をもうワンランク上げないとトップ出場は難しいという選手だ。そういう選手は試合に出て経験を積むことができなくなる。プレーをする機会はチーム内の紅白戦程度。これでは伸びる素材も伸びない。

 サテライトリーグがなくなった今、そうした選手は放置されてしまう。クラブだってコスト削減にはなるが、期待した若手が育たずに終わるのも困るのである。

 そんなこともあってJリーグに頼らず、クラブ同士が連携して若手育成のためのリーグ戦を行うケースが出てきた。

 昨年始まったのが九州チャレンジャーズリーグだ。J2の福岡、鳥栖、熊本、JFLの北九州(今季からJ2に加盟)、長崎の5クラブによるリーグ戦である。

 サテライトリーグもチームの移動などの負担軽減を考え、地域の近いクラブをグループにしてリーグ戦を行ってきたが、九州の場合、それでも広島や四国あたりまで行くことになる。ならば九州内の5クラブで若手育成リーグをやろうということになったのだ(大分はサテライトリーグに参加していたため入っていないが、今後は加入の方向で調整中)。

 そして今季からは、ガンバ大阪、セレッソ大阪、神戸、京都の関西4クラブによる2軍リーグ戦がスタートする。同一チームとはホーム&アウェーで4回対戦し、1チームにつき年間12試合が組まれる。真剣勝負の場とするため、スポンサーをつけて優勝チームには賞金を出すことも検討しているという。

地理的に移動が難しい札幌は若手育成で孤立か

 今後は地域ごとにこうしたリーグ戦が生まれるだろう。たとえば広島、岡山、愛媛、徳島の瀬戸内海リーグ、関東では首都圏リーグ、ベイエリアリーグなどが考えられる。

 だが、リーグ戦開催が難しい地域もある。北海道・東北だ。仙台と山形は組める。JFLにはソニー仙台、ブラウブリッツ秋田(旧TDK)があるから、ここを誘えば4チームになる。が、札幌は移動のことを考えると入れづらいだろう。となると札幌は若手育成の面で孤立してしまうのだ。こうした地域差が出るのはよくない。サテライトリーグを継続できなかったJリーグは、せめて地域の育成リーグの振興をサポートすべきだ。

 プロ以前の若手育成リーグはそれなりに整備されている。日本サッカー協会が主催する『JFAプリンスリーグU-18』である。全国を9地域に分け、その地域にあるJリーグクラブのユースチームと有力高校サッカー部がリーグ戦を行う。

 この大会からは好素材が多数出てきているが、プロになった途端、試合でプレーする機会がなくなり、伸びが止まってしまうのでは本末転倒だ。
 若手が伸びるかどうかは、Jリーグの人気だけでなく日本サッカーのレベルアップも左右する重要事項。トップの試合に出やすくする案などは小手先の対応策であり、もっと根本的な改革が急務なのではないだろうか。

[ダイヤモンド・オンライン]より

以前にも書いたけれど、今年からサテライトリーグが廃止になりますよね。

Jリーグ協会は『はいっ、廃止ね』ってだけで、代替案とかそういう情報が一切出てこない…orz
代替案にしたって、今や各クラブでの連携が出てきているだけで、協会がアシストしたとかも出てない…
不況とか確かに遠征費とか廃止の方向は致し方ないのかもしれないけれど…もしかしたらクラブ側から廃止の要請があったのかもしれないけれど、それにしても。。。若手の出番を減らすことには間違いないわけだし。

以前にも書いたけれど、こういうことしたいんですけど、ってことなら協会も『OK』っていうだけじゃなくて、その他ことで協力があってもいいんじゃないかなぁ…表に出てきていないだけなのかもしれないけど(汗)
『こういうところで協力しますよ』っていうのもあっても良いんじゃないかと思うんですが^^;

記事の中でもあるとおり札幌なんかは近隣にJのチームがないわけだし、そういう部分は協会もいい案を出せないのかなぁ^^
こういう取り組みをしていけば、『協会もやるねっ♪』ってなってもっとほかからも協力したいって人も現れるかもしれないし。

サテライトリーグを楽しみにしてる人だって少なからずいるわけだし、、、、。
まぁ観客動員からしたら少ない人数かもしれないけれど、そういう人も大事にしていかないと…。

協会さん、

よろしくですよぅ♪

あっ、決して手抜きじゃ…記事のほうが多いって…言わないでww

でわでわ。

スポンサーサイト
クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンタ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

みれ~ぬ

Author:みれ~ぬ
FC2ブログへようこそ!

Twitter

Twitter < > Reload

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
17442位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
最近の記事+コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
Jリーグ公式
Lc.ツリーリンク
Lc.ツリーカテゴリー
天気予報
今日のサポ占い♪
ジオターゲティング

ジオターゲティング
広告バナー
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。