スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村

Jリーグ第1節vs鹿島アントラーズ(新聞記事)

浦和完封負け、昨季悪夢再び/J1
<J1:鹿島2-0浦和>◇第1節◇6日◇カシマ

 浦和のフィンケ監督(61)は、試合終了後もしばらくベンチを動かなかった。昨季開幕と同じ相手に同じスコアでの完封負け。「勝ち点3を取りたいと思っていた。結果について選手たちが恥じる必要はない」。肩を落として引き揚げる選手たちの姿を最後まで目で追った。

 打倒鹿島を意識した采配が、裏目に出た。開幕までの計12戦の対外試合でテストした2トップではなく、エジミウソンの1トップに変更。「エスクデロやポンテ、柏木がいる。彼らの特長と個性を考えた」と攻撃的な中盤をそろえて支配率を高める狙いは外れ、鹿島の素早いプレスに決定機を封じられた。

 終盤にはFW田中と原口を投入したが、練習で1度も試していない超攻撃型布陣に選手たちは各自の役割を見失い、混乱した。広島から新加入した柏木が「攻撃のスイッチが入らなかった。もっと縦に抜ける動きをチーム全体でできたら…」と悔やめば、DF平川も「相手に裏のスペースへ蹴られたとき、DFは追っても前線が残ったまま。クリアしても拾われた」と、攻守で連動性を欠いたことを指摘した。王座奪回とACL出場権獲得という目標を掲げて臨んだ今シーズン。3季連続の開幕黒星という苦難のスタートは変わらなかった。
[ニッカン]


鹿島に惨敗 早くも空中分解危機…浦和
◆J1第1節 鹿島2─0浦和(6日・カシマ) 18年目のJリーグが6日、開幕した。昨季王者の鹿島は2―0で浦和を破り4連覇へ上々の滑り出し。

 策を弄(ろう)して、穴にはまる。昨季と変わらぬ負けっぷりで、フィンケ浦和が開幕戦で空中分解危機だ。0―1の後半23分、DF細貝に代えてFW田中、38分にはDF坪井からFW原口にチェンジ。「リスクを冒さないといけなかった」と単純に攻撃的選手でピッチをあふれさせる采配。ある主力は「何がなんだか分からなくなった」と混乱してる間に追加点を喫した。

 “ぶっつけ布陣”だった。開幕前の練習試合ではエジミウソンと田中の2トップを敷いてきたが、この日はエジミウソンの1トップにMF柏木のトップ下。違う主力が「まったくやったことのない形」という布陣でボールを前に運べず、ポジショニングも曖昧(あいまい)なまま試合は進む、完全な裏目采配。早くも選手からの求心力を失った。

 これで、昨季からの公式戦3連敗。タイトル奪取を誓ったシーズンで、2年連続となった鹿島との開幕戦に完敗しながら、「2つのチームが質の高い試合をし、観客も楽しめたのではないか」と悠長な指揮官に、希望は見えない。次はF東京戦。浦和は08年、開幕2戦でオジェック監督を解任した歴史がある。
[報知]


昨季の再現…浦和3年連続黒星スタート
 【浦和0―2鹿島】浦和は昨季開幕と全く同じ結果で開幕戦3年連続の黒星を喫し、屈辱の暫定最下位スタートとなった。アウェーで鹿島に0―2の敗戦。悪い形でボールを失い、カウンターから何度もピンチを招く内容まで1年前と酷似していた。

 前半5分、後半41分と悪い時間帯に失点。シュート数10対18と内容でも完敗だった。新外国人MFサヌ、DFスピラノビッチが調整不足と故障で、そろってメンバー外。新加入の柏木、宇賀神がフィットしつつあるのは救いだが、課題は山積みだ。フィンケ監督は「ペナルティーエリアまではうまくボールを運べたが、そこから危険なエリアに入れなかった。質の高い試合はしていた」と結果と同様に、1年前と同じような言葉を並べていた。
[スポニチ]


浦和、2年連続敵地で鹿島に0‐2敗戦
 「J1、鹿島2‐0浦和」(6日、カシマ)

 浦和は史上初の4連覇を狙う王者・鹿島と対戦して0‐2で敗れた。開始早々の前半5分にFW興梠慎三(23)にゴールを許すと、後半41分にはFWマルキーニョス(33)にダメ押し弾を決められた。昨季と同じ開幕カードで、“リベンジ”に失敗。対鹿島の連敗は3となった。J1初優勝を目指す昨季2位の川崎は新潟を2‐1で下し、白星スタート。J1昇格組は、仙台が磐田を1‐0で破ったが、湘南は山形と1‐1で引き分けた。

  ◇  ◇

 冷たい雨が、悔しさを増長させる。大型ビジョンに映し出された、1年前と同じ「0‐2」のスコア。結果が求められるフィンケ体制2年目の浦和。王者鹿島との差は埋まってはいなかった。

 立ち上がりをたたかれた。MF小笠原‐FW興梠のホットラインを通され、前半5分に失点。DF坪井は「パス自体も予測できなかったが、彼(興梠)の動きだしも速かった…」。注意をしていないわけではない。それでも守りきれない。MFエスクデロが果敢にドリブルで突き進むも、単騎突破では突き崩せず。橋本社長も「ラグビーならボールを持ちすぎや」とボヤくしかなかった。

 前進なき敗戦だ。昨季よりもゲームを支配する時間は増えた。だがそれでも崩せぬ王者の牙城。DF山田暢が「(チーム状態は)去年より上がっている。でもずっと長年やっているチームと、ここ2年くらいのチームの差が出てしまう」と話せば、坪井も「チーム全体のスキルという意味で差があった」と話した。

 指揮官のさい配にも疑問符がつく。開幕前の練習試合では2トップが多かった前線の布陣も、この日はなぜか1トップ。老将は「選手の個性を考えて」と話すが、選手は指揮官の“変心”に戸惑いを隠せなかった。FW田中達、原口と攻撃的な選手を次々と投入したことにも、「“サカつく”(サッカークラブ経営シミュレーションゲームの略称)じゃないんだから」と、安直な交代策を嘆く声も上がった。

 今季は4年ぶりのタイトル奪取を目標に掲げてスタートしたが、2年連続で王者と開幕戦で当たる不運で暫定ながら屈辱の最下位発進。「チームとして、チームとしてやれなくては」と新戦力MF柏木。進化の速度を上げなくては、タイトルは見えてこない。
[デイリースポーツ]


シュート数の数で内容を判断してるし、『ある主力』『違う主力』ってなんで曖昧な表現を使うんやろ…
っていうか、なんで誰が言ったか書かないのでしょうか???自主規制????w
実名だしても良いと思うんだけど、、、選手も責任もって発言してるハズだからね♪
じゃなかったら発言出来ない…と思うけどなぁ(汗)

やっぱり報知さんは浦和が本当に嫌いなんですねっ♪
まるで、有名な某記者が書いた記事に似てきたような気がしますw
まぁここまで書けてしかも公にさらすことが出来るって、ある意味すごいって思う。

しかもいきなり『解任』方向に持ってきましたよ…煽っているのかな?釣っているのかな?w
まぁ過去にそういふ実績はありますし、否定はしませんけどね…その時とは状況も違うし、あの時は外から見ていてもチームがバラバラだったし、サッカーどこじゃない雰囲気でしたからね(汗)
それが、今年とどー結びつくのかよく解りませんけどね^^
ま、そう書かれたからどうだ、って事はないんだけどw

逆に、浦和レッズの公式サイトに書かれている内容って誰が担当しているのかなぁ♪

80分を過ぎると、疲れもあってしだいに足が止まる時間が増え、こぼれ球も拾えなくなり、アントラーズのゆっくりとしたボール回し後のテンポアップについていけず、守備陣形を崩される場面が出はじめる。

ここの部分はわたしなりに関心してしまいました^^

特に『アントラーズのゆっくりとしたボール回し後のテンポアップについていけず…』などは完全浦和よりの記事だったら書かれない所だと思うんですよね。
試合内容の説明部分などは浦和のサイトだから浦和よりになるのは当然だけど、ちゃんとそういうダメなところは書いているっていうのが良いと思いますし、これからもこういう内容の記事をどんどん載せて欲しいですね♪

GJ♪

でわでわ。

クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村
10.03.06

vs鹿島「悔しい開幕戦」


Jリーグ第1節鹿島アントラーズ戦のゲームレポートと試合後の選手コメント

雨の落ちる中、アウェイ・カシマスタジアムで迎えた2010シーズンの開幕、鹿島アントラーズ戦。
びっしりと埋め尽くされたレッズ側ゴール裏からは、選手がウォーミングアップでピッチに登場する前から大声援が送られ、その声が室内練習場にも響き渡り、チームを鼓舞した。

ゲームキャプテンを務める阿部を先頭にピッチへと入り、16時4分、レッズのキックオフで試合は始まった。
開始から50秒あまり、レッズは左サイドで得たFK、ポンテの右足からゴール方向へ巻いていくボールが送られ、細貝がファーサイドでヘディングシュートするも、枠を外れる。このファーストチャンスが前半最大の決定機とも言えた。5分にはアントラーズの最初の好機で先制を許す。右サイドからのクロスをニアサイドに飛び込んで足を伸ばした興梠に押し込まれてしまう。
0-0の均衡が崩れた後、レッズは両サイドを起点に攻撃を組み立てたが、フィニッシュまで至らず。逆にアントラーズのスピードあるカウンターでピンチを迎えることが幾度かあった。23分には柏木の左足ミドルシュートがGKに弾かれバーを叩いた場面を除くと、決定的と言えるチャンスは作り出せないまま前半をIえた。

後半も前半同様にサイドから攻撃を構築。68分には細貝に代えて達也を投入し、更に相手ゴールへの圧力を掛けていった。相手エンドでショートパスを交わしながらポジションを入れ替えるように動き回り、リズムを作った。73分には達也がゴール正面、エリア外から、エジミウソンの落としを右足で捉え、糸を引くような強烈なシュートがゴール左へ飛んだものの、GKに阻まれてしまう。
80分を過ぎると、疲れもあってしだいに足が止まる時間が増え、こぼれ球も拾えなくなり、アントラーズのゆっくりとしたボール回し後のテンポアップについていけず、守備陣形を崩される場面が出はじめる。83分には、坪井を下げて原口を投入、同点を目指し攻め続けようとした。しかし86分、自陣右サイドからのクロスをゴール前でマルキ―ニョスに頭で決められ0-2に。
その後、この試合でJリーグ初出場となった宇賀神の速い左クロスをエジミウソンが頭で合わせる惜しい場面もあったが、ボールはGK正面へ。ロスタイムの3分を含め、相手ゴールへと迫ったが、スコアは変えられないまま試合終了の笛を聞くこととなった。
それでもアウェイゴール裏のレッズサポーターはチームを鼓舞しようと、挨拶へ出向いた選手たちに熱いコールを浴びせ、その大きな声に次戦への期待を込めた。
2010シーズン、ホーム開幕戦となる次戦は、3月14(日)14時から埼玉スタジアムにて行なわれる第2節FC東京戦となる。
[浦和レッズ公式サイトより]
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンタ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

みれ~ぬ

Author:みれ~ぬ
FC2ブログへようこそ!

Twitter

Twitter < > Reload

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
14400位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
最近の記事+コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
Jリーグ公式
Lc.ツリーリンク
Lc.ツリーカテゴリー
天気予報
今日のサポ占い♪
ジオターゲティング

ジオターゲティング
広告バナー
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。