スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村

Jリーグ第8節vsジュビロ磐田

10.04.24

Jリーグ第8節vsジュビロ磐田

4月24日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第8節vsジュビロ磐田の試合結果をお知らせいたします。

2010Jリーグ・ディビジョン1 第8節 
浦和レッズvsジュビロ磐田 
2010年4月24日(土)16:03キックオフ・埼玉スタジアム

試合結果
浦和レッズ0-1(前半0-0)ジュビロ磐田
得点者:55分西(磐田)
入場者数:37,116人
[浦和レッズ公式サイト]より

なんだかね、負けた気がしないんですよねw
試合に負けたけど、サッカーでは勝った♪
…みたいな(汗)

決して負け惜しみとかではなくて、たまたま磐田のカウンターが決まっただけ、っていう。。。
それ以外はそんなに危ないシーンって多くなかったように思うんだけど^^;
サポータからもブーイングではなくて拍手で迎えられてたし、わたしも『まぁ仕方ないかーなぁ』って。
負けてもまぁ納得。そんな試合だったかな(汗)

で、浦和は、、、、今日はミスが目立ったなぁって感じですかね。
これではなかなかリズムは生まれないし、サイドも高い位置を取りづらいなーって。
まぁこういう試合もあるっていうことでしょうかね><
川崎戦が、えっらい良すぎた、、、ってこと…かな(汗)

ま、反省するところは反省して、次節の清水戦に切り替えてもらいたいですね♪

でわでわ。

試合後のフィンケ監督のコメントはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村
10.04.24

vs磐田 試合後 フィンケ監督

フォルカー・フィンケ監督 Jリーグ第8節 ジュビロ磐田戦後のコメント

「選手も監督も、とてもがっかりしています。私たちはなかなかリードすることができませんでした。そして私たちは、今日の試合がとても厳しいものになるということを予想していました。そして私たちが攻めていたわけですが、必要としていた幸運も、なかなか私たちを助けてくれませんでした。2度、ポストにシュートを当てているわけですし…。
そして、ジュビロは非常に守備的な形でこの試合に臨んできたわけですが、彼らにはこの幸運があって、最終的に彼らが勝利を収めることができたと思います。そして相手が今後もこのような形で守備的なサッカーを展開してきたときに、私たちのプレースタイルで、どのような形で先取点を狙っていくか、そのことに関して、今後もトレーニングをしていなかくてはいけませんし、特に相手の陣地で生まれる危険なスペースの生かし方というものを、私たちはさらに改善していかなくてはいけません。
今回の試合でも5回、6回、7回といくつか優れたシーンがありました。ただし、私たちはこの結果をしっかり受け止めなくてはいけませんし、今ここで、とてもがっかりして、落胆して、前を見ることができないという状況が起きないよう、しっかりと顔を上げて、そして次の試合に向けて、準備をしていかなくてはなりません」

【質疑応答】
(柏木選手が最近、途中交代が続いているんですが、何か問題でもあるんですか?)
「今日、柏木陽介は比較的早い時間帯にすでに疲労がたまって、なかなか、しっかりと動くことができていませんでした。特に瞬発系の動き、スピードのある動きというのができておらず、そして球際の厳しいところでもなかなかボールを奪うことができていませんでした。ですので、そのような全体的な彼のプレーを見て、今日はいつもより少し早めに彼をピッチから下ろすことにしました」

(前半の試合の流れというのはイニシアチブはレッズが握っていたけれど、ジュビロのとてもいいチャンスというか、カウンターから4本くらい、レッズの守備が崩されていたシーンがありました。サヌがボールウォッチャーになって彼の背後ばかりつかれたというシーンが3回くらいある。そのことについてコメントを?)
「まず私たちのセンターバックはとても優れたプレーをして、非常に安定していたと思います。そして左のサイドバックという不慣れなポジションを現在こなしているサヌも、確かに2つのシーンでポジショニングのミスから危険な状況を招いてしまった、これは確かだと思います。
ただし、今日私たちが敗戦した最大の理由が、守備にあったわけではありません。これは確かなことです。中盤でのボールの奪い方、それから相手にどのような形で圧力をかけていくか、そういうことに関して、先週の方が私たちのすべての選手が優れたプレーを見せていたと思います。今日の結果の理由を守備だけ、もしくは一部の選手だけに求めるわけでは一切ありません。先週と比べて多くの選手たちが、先週見せていたコンディションを今日は見せることができなかったのです」

(少し遠目からのシュートというのが今日は少なかったように思いますが?)
「今日の試合では、先週の試合と比べて、私たちが活用できるスペースが少なかったと思います。先週の川崎ならば、彼らは非常に攻撃的なチームでしたので、その分、私たちが使うことのできるスペースもありました。
しかし、今日はとても守備的なチームと戦ったわけですし、特に相手のチームが、相手のゴールまで16~20メートルのところのスペースをしっかりと消すことができていました。ですので、私たちはできる限りサイドをえぐるように攻撃をしていたわけですが、なかなかそれをゴールに結びつけることができていませんでした。
しかし忘れてはならないのが、私たちは今日の試合で二度、ポストにシュートを当てていることです。ですので、私たちがまったくシュートに持ち込むことができなかったわけではありません。もう少し幸運が手伝っていれば、ほんのわずかのことですが、ボールもゴールに入っていたと思います」

(後半16分から高原選手を入れたましたが、どのような役割を期待して投入したのでしょうか?)
「私たちはハーフタイムにあることについて話し合っていました。達也ができる限りエジミウソンの近くで、前線でプレーをするように確認をしました。後半はそのような形で始めたわけですが、徐々に達也が疲れてきたこともありまして、途中から高原をピッチに送り出したのは正しい判断だったと思っています。彼は得点能力のある選手ですし、特に相手を背負ったときにとても優れたプレーを見せることができるのです。残念ながら今日は、彼はゴールを決めることができませんでしたが。私たちはあの時間帯から、エジミウソン・高原のツートップでこの試合に臨んでいました」

(先ほどの中距離シュートについてですが、原口元気は今日、2本打ちました。ドリブルで20メートルのシュートだったんですが、あのようなプレーがもっと出てくればジュビロの守備も少しは空いたのではないかと思うんですけど、ハーフタイムにはどんな指示をされたんでしょうか?)
「私は今後もハーフタイムで選手たちにどのような指示をしたかということに関して、公の場で語ることはないと思います。ただし、私たちがどのようなことをしたとしても、ゴールを決めていれば、このような質問はなかったでしょうし、逆にゴールを決めていないからこそ、このような質問があるのではないかと思います。私としましては、どのような形でゴールが生まれてもかまいませんでした。サイドをえぐってそこから折り返してゴールを決めるのか、もしくは25メートルのところからシュートを打って決めるのか、私にとってはどちらでも、どのような方法でゴールを奪おうと、かまわなかったのです。それが大切なことではないですから。
大切なのは、私たちがチームとして、しっかりとした形でチャンスを作り出して、それをゴールに結び付けることです。今日、それができなかったのが、非常に残念です。
ただし、今日の試合はとても短くまとめることができると思います。一つの事実として私たちの選手は多くの得点チャンスを作り出していました。しかし、先週、選手たちが見せたような優れたコンディションを今日、証明することができなかった。このような選手のコンディションが変わることも、サッカーの一部です。このことについては今週、再び選手たちと話し合いをして、練習に取り組んで、次の試合に向けて準備をしたいと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンタ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

みれ~ぬ

Author:みれ~ぬ
FC2ブログへようこそ!

Twitter

Twitter < > Reload

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
22812位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
最近の記事+コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
Jリーグ公式
Lc.ツリーリンク
Lc.ツリーカテゴリー
天気予報
今日のサポ占い♪
ジオターゲティング

ジオターゲティング
広告バナー
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。