スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村

Jリーグ第10節vs名古屋グランパス

10.05.05

Jリーグ第10節vs名古屋グランパス

5月5日(水・祝)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第10節vs名古屋グランパスの試合結果をお知らせいたします。

2010Jリーグ・ディビジョン1 第10節 
浦和レッズvs名古屋グランパス 
2010年5月5日(水・祝)14:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-1(前半0-1)名古屋グランパス
得点者:13分ケネディ(名古屋)、48分柏木、55分原口
入場者数:55,410人
[浦和レッズ公式サイトより]

前半だけ見ると、どーなることかと思いました^^;
ミスからリズムが作れずに…このままずるずる行くんじゃないかと。。。
まぁ、相手の決定機を外すなりで事なきを得ましたが、、、w
あれで逆に落ち着いてやれるようになったかも^^

ケネディの得点は、あれは仕方ないやね。。。下がりながらだけれど、上手く打たれちゃったなーって。
でも、ぶっちゃけ、名古屋の攻撃で怖かったのは、ケネディーの頭と、ケネディーのクロスが横切ったとこぐらいかなぁwww
それ以外で名古屋の選手がシュートで迫ってきた印象が薄いんですが(汗)
にしても、ボールの返し方……あれは、どーなんでしょうねw
レフリングも、試合の流れをなるべく止めないようにやって欲しいなー^^

まぁ、そんなことは、おいといてw
今日の試合はやっぱり

柏木くんの移籍後初ゴール!!!

が一番うれしかったなー(≧ー≦)ノ
今年のレプリカ『8』ですから、なおさらですわ♪
それまでのつながりも、5人ぐらいからんでいたんじゃないかな^^
理想なゴールだったと思いますね♪

原口くんの今シーズン初ゴールもあり、マシューくんのリーグデビューもあり、初物尽くしでした♪♪♪

中2日で次の横浜戦もあるので、十分回復をはかって次に備えて欲しいですね。

でわでわ♪

フィンケ監督の試合後のコメントはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村
10.05.05

vs名古屋 試合後 フィンケ監督

フォルカー・フィンケ監督 Jリーグ第10節 名古屋グランパス戦後のコメント

「今日はとても暑かったですし、私も今日ばかりはスーツではなくこのようなポロシャツを着ました。ちなみにこのポロシャツはヒューゴ・ボス社のとても素晴らしい質の高いものです(笑)。皆さんにもぜひお勧めしたいと思います。
このような、とても暑い気温の中、本当に多くのサポーターの中で、私たちがとても優れた試合を見せることができました。そのことに関して、とても大きな喜びを感じています。確かに前半、ピッチの上でいくつかのことを優れた形で実践することができていませんでした。ただしその内容については、ここで細かく語るつもりはありません。なぜならば、ハーフタイムで私たちはそのことについて話し合いをして、修正したからです。
そして、私たちが決めた2つのゴールですが、両方とも、優れた形でパスをつないでチャンスを作り出すことができていましたし、コンビネーションから生まれたゴールでした。

私たちが今日の試合、空中戦で勝つということはないだろうということは前もって分かっていたことです。そして今日の試合内容、それからこのような結果を残すことができて、私はとても喜んでいます。なぜならば、前回の清水戦でも、チームは優れた、質の高いプレーを見せていました。しかし、あのような結果になってしまったので、外部の方々に対して、私たちが優れたプレーを見せていたことを説明するのはそう簡単なことではありません。今日は、内容だけではなくて、結果もしっかり伴いましたので、本当に大きな喜びを全員が感じとることができたと思います。
そしてこれが、私たちの今年の目標なのです。質の高いゲームを展開すること、私たちのプレースタイルをしっかりと実践すること、そして優れた結果を残すことです。サポーターの皆さんも今日の試合に関してとても満足していただけたと思いますし、数多くのサポーターに、また次の試合でもこのスタジアムに来ていただけることを願っています」

【質疑応答】
(後半すぐの同点ゴール、あのゴールにレッズの前半と後半の一番の違いが表れていたんじゃないかと思いますが、細貝のあとに原口が来て、原口のあとにすぐ、柏木が来て、そういう形の違いがあったんじゃないかと思いますが?)
「まず、前半の最後の15分間、私たちは相手のペナルティーエリアの周辺でとてもたくさんの優れたチャンスを作り出していました。そして私自身も後半に入ってから、しっかりとプレーの質を上げることができたと思っています。特に私たちがポゼッションしたときの各選手の動きが、前半に比べて改善されました」

(田中達也選手が途中交代しましたが、状況を教えてください)
「今、あまり医学的に細かいことをここで言うつもりはありませんし、診断をここでお伝えするつもりはありません。ただし、ちょうど今さっき、ロッカールームで、本人とも話をしてきましたが、あくまであの空中戦で彼が頭を打ったことによって、大事をとって彼を交代させたということです。この交代でとても大切なのは、彼の一昔前までの、もしくは、ついこの間までのケガとは一切関係ないということです。あくまで頭を打って、大事をとって彼を交代させた、それだけです」

(今回、久々に田中達也選手にとっては、中3日の試合でしたが、彼のプレーをどうご覧になっていましたか?また、もし今日の交代で何も影響がないようだったら、マリノス戦のメンバーにも入るのでしょうか?)
「まず、彼の状態に関しては、これからメディカルのスタッフと話し合いをして、それで最終的な判断をしたいと思います。
それから、全体のプレーについてですが、私たちが昨年から蒔いてきた種がだんだん実を結んできているんではないでしょうか。『外が暑いから私たちがまったく走ることができなくなってしまう』ということが起きないように、私たちはしっかりと練習をしてきたわけですし、このような暑い中でもしっかりとした持久力を発揮して 、プレーをみせる、そして自分たちの実力を発揮していく。そのための準備を私たちはずっとしてきたわけですし、それを実際に今日、見ることができたと思っています。」

(このような気候条件で、今日の試合、後半特にグランパスの走力が落ちたにもかかわらず、レッズは最後の最後までディフェンスがしっかりできていたと思います。これは去年1年間を経験して、夏に連敗があって、そういうことが、今シーズンに向けた大きなアイデアとして、ポイントになるような事がありますか?)
「自分の基本的な考えですが、運動量とか『走るための覚悟』とか、そういう強い言葉を使うのを、私は好みません。私はそれより、『プレーする喜び』という言葉を使いたいです。これは私の哲学の一つとしていろんな方に説明しているわけですが、大切なのは、自分たちがボールを持っているときにしっかりとポゼッションしながら走るということです。もちろん、状況によっては、相手に積極的にプレッシャーをかけていって、とても素早く攻守を切り替え、前線に早くボールを送り込むということも必要です。
ただし、状況によっては、私たちがボールを回す、ポゼッションをしていくことによって相手を走らせるという事も、とても大切な要素です。これをいつ、どこでやるのか、タイミングも関係してくることですが、根本的に選手たちは、攻撃のときには、喜んで走ります。しかし、守備のときに走るのはとてもつらい行為になります。
私は、このような事について、いろいろなところで説明しているのですが、まず、そのことをしっかり選手たちが納得してくれなくてはなりません。そして、それが徐々にピッチで表現出来るようになって、選手たちも質の高いプレーを披露することができるようになっているのではないでしょうか。
一人の選手がとても疲れたときに攻撃に絡んでボールを扱うこと、これは確かにとても疲れる動きです。ただし、守備に回されて相手のことを追わなくてはならない、もしくは相手のことを追いかけなくてはいけないという状況になった場合、その選手にとっての厳しさはさらに増してしまいます。
ですので、少なくともボールを持っているときの『プレーする喜び』を選手たちが感じる、これがとても大切なことだと思います。そうすれば最後の最後まで疲れをそこまで感じないまま、走りきることができるのです。
後半の最後の20分間、私は阿部に対して、できる限り攻撃に絡むな、しっかりと守備をして自陣で守備を固めろ、という指示を何度も出していたのです。すべての攻撃で阿部が相手のペナルティーエリアまでいく必要はないと。
しかし、阿部もそうですし、細貝もそうですが、多くの選手たちは『プレーする喜び』をすごく感じることができるようになってきています。これは嬉しいことです。しかし、私たちが2-1でリードしている状況で、無駄に攻撃をしにいって、それによって相手に優れた機会を与えてしまうようなことがあってはなりません。ですので、私はそのような指示を阿部に対して出していたのです。最後の20分間は、すべての攻撃に絡む必要はないと。これでこのことについて話すのは終わりです(笑)」

(柏木選手が移籍後初ゴールを決めましたが、監督の柏木選手に対する今日の印象を聞かせてください)
「柏木陽介はあのゴールだけではなくて、今日の試合で優れたプレーを見せることができていたと思います。ここ数試合に比べて、パスの成功率も上がっていましたし、ボールに触れる回数も増えていました。全体的に見て、プレーの質が前回の試合より上がっていました。柏木陽介のプレースタイルは、本当の意味でのチームプレーヤーであるということ、これが一つの要素だと思います。彼は、ピッチの上に立って、『自分だけがスーパースターだ』というようなプレーを見せるような選手ではいっさいありません。ですので、私の哲学でもあります、みんなでお互い助け合いながらサッカーの喜びを感じていくというやり方、そしてこの哲学に柏木のプレースタイルがとても合っているのです」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンタ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

みれ~ぬ

Author:みれ~ぬ
FC2ブログへようこそ!

Twitter

Twitter < > Reload

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
14976位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
最近の記事+コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
Jリーグ公式
Lc.ツリーリンク
Lc.ツリーカテゴリー
天気予報
今日のサポ占い♪
ジオターゲティング

ジオターゲティング
広告バナー
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。