スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村

4選手が市内小学校を訪問、児童と交流

こういう交流って良いですね~^^
でも意外とこういったことって初めてなんですね。

みんな楽しそうでいいな~なごむなぁ^ー^
またこういった取り組みをするそうだし・・・いいな~いいな~っ。
わたしも行きたいようっw

ちなみに、写真に写っていたバルサレプリカの子が気になったのは私だけでしょうか(汗)
→写真はこちらから

でわでわ。

オフシャル掲載の全文はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村
10.11.04

4選手が市内小学校を訪問、児童と交流

4日、チームのオフを利用して、加藤順大、細貝 萌、梅崎 司、宇賀神友弥の4選手が、さいたま市立木崎小学校を訪問。6年生の全4クラス、156名の児童と交流をはかった。
この訪問は、選手がこれまでの経験に基づき、子供たちの前で「夢に向かって努力すること」の大切さを、直接、語りかけることで、将来を担う子供たちの成長をサポートしていきたい、という願いから、クラブの地域貢献活動の一環として実施することになったもので、このような実際の授業に、選手が直接訪問して交流するのは、浦和レッズの歴史上、今回が初めての試みだった。
4選手が木崎小を訪問したのは3時間目から。児童たちがオフィシャル・サポーターズクラブのフラッグを掲げて作ってくれた『花道』を通って、まずは体育館へ入場。自己紹介の後、児童たちと共に約30分間のレクリエーションゲームに興じた。最初は、選手にやや遠慮がちだった児童たちも、ゲームが進んでいくにつれ、どんどんお互いの距離が縮まっていき、最後は児童の集団に埋れてしまうほどの、慣れっぷりだった。
3時間目の体育館でのレクリエーションを終えた後、4時間目は各教室での「授業」へ。3時間目のレクリエーション後に、大変な盛り上がりの中、くじ引きで選手の担当クラスが決定された。結果、1組を細貝、2組を梅崎、3組を加藤、4組を宇賀神が担当することとなった。
どのクラスでも選手たちは大変な歓迎を受けた。1組では、細貝が到着する前に、オレンジ色のシャツを着ていた児童に対し、周囲の児童たちが「上着着なよ」、「そうだ!オレンジは駄目だよ」と注意する一幕も。指摘された児童も、
「そうだった!」と慌てて黒い上着を羽織っていた。また、各クラスの担任の先生方も児童に劣らぬ歓迎ぶりで、それぞれレッズのレプリカユニフォームを着用、温かい歓迎ぶりが伝わってきた。
そして、始まった4時間目の授業。1組・細貝は「3つ年上の2人の兄たち(双子)に何をやっても勝てなかった」という話を披露。「結局、小学生のうちは勝てなかったけど、それでもいつか勝ちたいと思って頑張ることが大事」と説いた。
2組・梅崎は「すごく背が小っちゃくて、それが嫌なことも あったけど、でも、それも特徴だと思ってドリブルの練習に励んだ」という話、3組・加藤、4組・宇賀神もそれぞれ自身の経験を真剣に、時には笑いを織り交ぜながら語った。4選手の話に共通していたのは「負けん気」、そして「サッカーが好き」ということ。それらが夢を叶える原動力になるんだということを、なんとか児童たちに伝えようと、それぞれが言葉を選びながら、真剣に児童と向き合った。
児童からの質問に答えたり、クラスの旗にサインをしたりするうちに4時間目が終わり、給食の時間に。この日のメニューは、「子供パン、牛乳、彩の国シチュー、ツナサラダ、りんご」の5品。児童たちが気を利かせてくれたのか、どの選手の食器にもシチューが大盛り。4人は各担当クラスで児童たちと机を並べ、懐かしの給食を楽しんだ。
この頃になると、選手と児童たちの親密さはかなり深まり、どのクラスでも選手は質問責めにあっていたが、4人とも給食に舌鼓を打ちながら、楽しそうに答えていた。
給食を食べ終えた後、5時間目が始まるまでの昼休みの間、4人は各クラスで記念撮影やサイン、まだまだ続く質問に笑顔で応じ、お別れの時間になると、盛大な拍手と歓声で各教室から送り出された。
終了後、4選手ともに、「自分たちも子供たちからパワーをもらえたし、本当に楽しかった。こういう機会があったら、またやりたい」と満足感いっぱいの表情で感想を語っていた。
クラブでは、今後も、トップチームの選手に限らず、浦和レッズレディースの選手も含めた選手たちによる、こうした訪問・交流を、さいたま市内の小学校を中心に、継続的に行なっていく予定となっている。


加藤順大
「今朝はすごく緊張していましたが、子供たちの笑顔を見て、それも吹き飛びました。教壇で話をするというのは難しいところもありましたが、子供たちの積極性に助けられましたね。今日はオフでしたが、休養して得られる以上に、子供たちからパワーをもらうことができました」

細貝 萌
「小学校に入るのなんて卒業以来初めてでした。今日は僕自身すごく楽しかったですし、たくさんの子供たちからパワーをもらいました。予想以上にサッカーを知ってくれている子が多いなと感じましたし、パワーをもらった分、チームに帰ったらしっかり結果を残したいです」

梅崎 司
「こういうのは初めてで、でも、きっと自分にとってもプラスの経験になるだろうと思って楽しみにしてました。子供たちの前で話すこととか、難しいところもありましたが、自分の話をすごく真っ直ぐな目で聞き入ってくれていたのは印象的でした。みんなと仲良くなれたし、すごく楽しかったです。非常にいい、有意義なオフになりました」

宇賀神友弥
「人前で話す難しさもありましたが、給食の時間もみんながいろいろと質問をしてくれて、時間が足りないくらいでした。すごく楽しかったですし、こういう機会があったら、また呼んでほしいです。いつもオフは体のケアですが、今日は心のケアができました」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンタ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


プロフィール

みれ~ぬ

Author:みれ~ぬ
FC2ブログへようこそ!

Twitter

Twitter < > Reload

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
14411位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
最近の記事+コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
Jリーグ公式
Lc.ツリーリンク
Lc.ツリーカテゴリー
天気予報
今日のサポ占い♪
ジオターゲティング

ジオターゲティング
広告バナー
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。