スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村

Jリーグ第31節vsガンバ大阪

10.11.20

Jリーグ第31節vsガンバ大阪

20日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第31節vsガンバ大阪の試合結果をお知らせいたします。

2010Jリーグ・ディビジョン1 第31節 
浦和レッズvsガンバ大阪 
2010年11月20日(土)14:03キックオフ・埼玉スタジアム
『SPORTS FOR PEACE!DAY』

試合結果
浦和レッズ0-2(前半0-0)ガンバ大阪
得点者:53分遠藤(G大阪)、83分ルーカス(G大阪)
入場者数:40,071人


まずはロビーの退団はある程度覚悟はしていて寂しいけれど、まだ浦和の一員なんだから
最後まで見続けてお疲れさまとありがとうを贈りたいなと。

んで、今日の試合・・・ん~良かったのは山岸さん、岡本くん、高橋くんぐらいかなぁ…
特に岡本くん、高橋くんは可能性を感じるプレーが随所にあったなぁと思いますね。
だからこそ高橋くんの負傷離脱は痛すぎたなぁ><;;;;;
軽症である事を祈るしかないなぁ;w;
山岸さんにはすごく助けられた感じで、あと3点ぐらいは取られてたかなって^^;
だからよく0-2で済んだなぁって感じですね。
チャンスもあったんですよ、ええ。だけど、そのチャンスを効果的に使えてないっていうか、相手がいる方にドリブルしてみたり、パスしてみたり。そりゃー得点の確率は低くなるなぁ。。。

それと友達も言ってたんだけど、浦和の選手は狭い範囲に集まりすぎ。。。距離感わるっ^^;
わたしも前半からその辺、特に距離感が悪いのは感じていてG大阪のほうが簡単にパスが回るなとw
浦和の方は距離感悪く、出し手がなくてなかなかパスもつながらない。。。。
これではやっぱり勝負にならないなぁって思い知らされましたわ><;;;

妥当な結果だった、、、と。

正直、今日の試合後は悔しくもないし、あまり感情も沸かなかった。
どこかのブログにも書いてあったんだけど、そんなふうに思えてしまった自分も…辛いなぁorz

あと、正式発表じゃないし、いま話し合いの最中だから公式発表を待ちたいんだけど、フィンケ監督の去就の話。
(ほんとはこれが一番書きたかったし、今日ブログ更新をしたいと思ったキッカケです…ほんとは更新する気になれなかったんですけどね^^;)

海外では成績が悪いとドンドン変えてる場面を見かけるけれど、あくまでそれはクラブとしての方針がブレてないのと基礎(クラブの底辺を支える組織とか色々とね)がしっかり出来上がっているから出来ると思うんだけど、到底いまの浦和にはその方針やら基礎がしっかりしているかというと、悲しいけれど、出来てないって思っています。
だからこそ、そういったことが出来る監督を招聘したんだと思うし、腹をくくったんじゃなかったのかなぁ?

わたしとしはフィンケ監督はそれが出来る監督だといまでも思っているけれど、それを2年で出来るとは思ってななかった。
まして、いまも出来上がってるなんて思ってないから、これからも続けて欲しいなって思っているんですよ。
まぁ、とりあえずは公式の発表を待つしか無いんだけど。。。
もし変えるなんてことになったらこの2年、我慢、なんだったんだろーなぁ。って絶対思うw

最後に、どこぞの掲示板(あえて言いませんが…)にフィンケ監督の去就について色々書かれてたけど、正直それを見てげんなりだし最悪っって思ってしまいました><;;;
だって、だって、見ていて正直悲しくなるだけなんだもの。相手を卑下したりして自己満足してるだけにしかみえないしね(まぁブログも自己満足な世界なんですけどもw)。いまさら気づく?はナシで(汗)
だから正直、もう見ないことにしました…ブックマークはずしましたよ(汗)

あぁ、なんか久しぶりに長いこと書いてしまいましたw
ちょっとは、スッキリ、、、したかなぁ^^;

でわでわ。

フィンケ監督の試合後のコメントはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村
10.11.20

vsG大阪 フィンケ監督 試合後会見(質疑更新)

フォルカー・フィンケ監督 Jリーグ第31節 ガンバ大阪戦後のコメント

「前半の内容に関しては、本当にチームを褒めたたえなくてはいけないと思います。私たちが圧倒していました。ただ、唯一批判することは、得点を決めることができませんでした。あれだけの得点チャンスを作り出していたわけですから、本当ならばゴールという結果を残さなくてはいけなかったのですが、私たちの時間帯の時に、ゴールを奪うことができませんでした。
そして、試合中に高橋峻希がケガによってピッチから下りなくてはいけなくなったわけですが、これは私たちのチームにとても大きなダメージを与えました。そして、後半に入ってからですが、1つのシーンでうちの選手の裏をつかれてしまって、それによって相手のゴールが生まれてしまいました。
ですので、このワンチャンスをものにしたガンバが、この試合でリードしてしまったのです。この、裏をつかれてしまった選手のことは、今ここで語りたくありませんし、彼のことを守りたいと思います。彼は現在、100パーセントの状態ではないにもかかわらず、チームのために一つの犠牲心をもって試合に出たのです。宇賀神がケガで離脱したこともありまして、現在、どうしてもメンバーが足りない中で、自分は今日、スタメンでチームのために尽くす、といってくれたのです。ですので、今日、彼は先発に入っていました。
今日の試合をまとめれば、私たちよりとても多くの経験を積んでいる選手たちがたくさんいて、とても効率的なプレーをすることができ、同時にとても賢い選手、クレバーな選手が多かったチームが勝利を収めたといえるでしょう。
今から3日後に、私たちは次の試合を迎えます。メディカル部門のスタッフは、これから、すごくたくさんの仕事をこなしていかなくてはいけないでしょう」

【質疑応答】
(今日、一部の報道で、クラブ側と来季のビジョンを共有できないと発言したということがありましたが、チームを去るという意志として理解してよろしいのでしょうか?)
「今、私はそのことについて、ここで詳細にお答えするつもりはありません。なぜなら、内部で話し合っている、その内容については、すべて公の場で語る必要はないと思います。その件に関して、私はそれ以上コメントするつもりはいっさいありません」

(今日、流れとしては本当に浦和がハードワークしていた試合だったんですけど、その中で、コーナーキックになったときに、前半は中澤選手が再三、フリーになって、そのあと交代で入ってきたルーカス選手がまたフリーになった。これは、人的な高さとかそういった問題なのか、それとも戦いの中で想定外のことがあったのか、 教えてください)
「例えば相手のルーカスがゴールを決めた2失点目のシーンですが、本当ならば彼を見なくてはいけなかったのは、岡本拓也でした。今日、この岡本拓也は、試合全体では、とても優れたプレーを見せていました。そういう意味では彼を褒め称えなければいけないと思います。ただし、彼はまだ18歳ですし、それほど多くの経験を積んでいるわけではもちろんありません。ルーカスはまったく逆です。とても経験豊富な選手ですし、とてもクレバーな選手です。そしてあの空中戦のシーンではガンバの選手が、ルーカスがヘディングをするために私たちの選手をブロックしていました。ですので、岡本にしてみれば、セットプレーの際に彼をマークして 完全に抑えるのは、そう簡単なことではありませんでした。
確かに、現在、スピラノビッチがいないという事実もありますし、『チームにスピラノビッチがいれば』と思うこともあります。
今日の試合の内容に関しても、私たちが完敗したという状況でもありませんし、私たちが今年に入ってから負けるときには、たいてい、1点差で負けていました。2点差で負けたというのは本当に久しぶりのことだと思います。ですので、あの失点のシーン、もしくはおっしゃった件に関して、『これこそが今日私たちが負けた敗因だ』というつもりもありませんし、『何があっても今すぐに優先して改善しなくてはいけない』ということではありません。今日の試合の中には、それ以外の要素もありましたので」

(これで3位以内に入る可能性が完全に消えたんですが、今季、監督にとって最大の誤算はなんでしたか?)
「シーズン全体を振り返っての総括は、今、試合が終わった10分後にここでするものではありません。この件に関しては、ぜひ理解していただきたいと思います。とても長いシーズン全体を分析して、今から振り返る事は、とても時間がかかりますし、今、私が、ここでこの質問に答えたくないとか、逃げたいというわけではいっさいなくて、もう少し時間があるときにしっかりとした形で取材をしていただきたいと思います。そうすれば私もしっかりと時間をとって詳細にお答えします。振りかえらなくてはいけないことはたくさんあったと思います。ですので、ここで手短に、とても中途半端な形で分析するくらいならば、 一回時間をとって、しっかりと説明したいです。
そして、忘れてはいけないのは、今から4週間後に再び私たちが、今度は天皇杯でガンバ大阪と試合をするということです。その時点では現在、ケガで離脱している数多くの選手たちも戻ってくるでしょうし、その時点で私たちがアウェイに乗り込むわけですが、勇気を失ったまま、もしくは自信を失ったまま大阪にいく、というわけではありません。私たちは堂々とした態度で、このアウェイでの試合に臨みたいと思っています。
ですので、今の質問に関しまして、私が答えたくないというわけではありません。ただし、場が間違っていると思いますし、もう少ししっかりと時間をとって、さまざまなことについて別の機会でお話をしたいと思います」

(3試合を残して、名古屋の優勝が決まりました。浦和は名古屋と1勝1敗だったのですが、今、どのような心境でしょうか?)
「今年に入ってからの名古屋戦は、とても興味深いものがあったと思います。そして今まで、私は名古屋の結果を聞いていなかったのですが、もし名古屋が優勝したというのであれば、ここからおめでとうという言葉を名古屋に贈りたいです。
シーズンが始まるころに、名古屋は豊富な予算を使ってたくさんの選手を補強していました。あのような主力級の選手たちをいろいろなクラブから獲得したわけですから、今、こういう形で彼らが優勝をしたということは、大きな驚きではありません」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンタ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


プロフィール

みれ~ぬ

Author:みれ~ぬ
FC2ブログへようこそ!

Twitter

Twitter < > Reload

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
14373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
最近の記事+コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
Jリーグ公式
Lc.ツリーリンク
Lc.ツリーカテゴリー
天気予報
今日のサポ占い♪
ジオターゲティング

ジオターゲティング
広告バナー
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。