スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村

Jリーグ第12節vs鹿島アントラーズ

11.05.21

Jリーグ第12節vs鹿島アントラーズ

5月21日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第12節vs鹿島アントラーズの試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第12節 
浦和レッズvs鹿島アントラーズ 
2011年5月21日(土)16:03キックオフ・埼玉スタジアム

試合結果
浦和レッズ2-2(前半0-1)鹿島アントラーズ
得点者:13分 西(鹿島)、62分 増田(鹿島)、67分 高崎、69分 マゾーラ
入場者数:37,521人



この日は、なんだか早めに行こうかなーという気になって、試合開始3時間前には自宅を出発。
浦和美園まで1時間かからないので、試合開始2時間ほど前には浦和美園駅に到着^^

そのせいなのか、人はあまり多く無い印象でしたね。
こりゃーすくねぇわ…
ってw

でも、それでも3万7千を超える入場者数だったんだら、
まぁ、こんなもんかな?
とw

正直、もっと少なくなるんじゃないかって予想してたんで(汗)




試合前はいくつか横断幕を発券。1枚目の…何に対してなのかいまいちわからんかったーー;



このビジュアルは綺麗だったなぁ。倉敷さんもべた褒めだった♪

で、試合の方はっていうと、よく負けなかったなぁって印象でしたわ。
特に前半はミスが多すぎ。これから攻撃だーって時にミス、またミス。
これじゃ、正直ムリって思ったわ。ゴールの匂いする以前の問題だもんw

対する鹿島には散々『あ、やられたぁっ!』て場面を何度も作られたけど、シュートミスなどで助かってたなと。
そうそう、こいう『あ、やられたぁっ!』ってシーンが浦和にはまるでないのよね。
試合中はずーっと鹿島に『あ、やられたぁっ!』ってばっかだったわ(笑)

正直2失点して『あーもう終了!?』って思ったけど、高崎くん入れて2トップにしてから雰囲気はちょっとかわったかな。
高崎くん自身もやるべきことが分かっていてプレーしていたと思うし、それが結果になったのかなと。

その後、マゾーラのスーパーなゴールでなんとか同点になったんだけど、正直高崎くんのゴールや、マゾーラのゴールが飛び出しても、周りが熱を帯びていても、そこに自分がいないのに驚いてました。

なんっていうんだろーな。すごく冷静なのね、自分が。まぁ嬉しくないわけじゃないし、マゾーラのシュートなんて凄いって正直な感想。
ただね、高崎くんのゴールもそうだけど、結局それって個人技なんだよね…2人には悪いんだけども。
なんていうか、その場だけのものっていったらいいのかな?次も同じ状況でゴールできるか?ってとそうでもないっていうか。

逆に鹿島にカウンター崩された2失点目なんかは、崩しの形っていうのかな。同じ形で崩せれば得点確率も高いっていうか。
そういう・・・浦和のサッカーの形っていうかプレーってのが今年の浦和には薄い気がする(というかそういうの目指してたんじゃないんだっけかな?w)。
そういうモノが見えてこないから、素直に喜べないっていうか、上手く言えないんだけど。

まぁ、結果としては引き分けれたんで、良しとしなきゃいけないんだけどね。


帰り間際のスタジアム。途中から若干照明が入ってました。


帰りは試しに、東浦和へのシャトルバスを使ってみました。
まぁ単に歩くのがかったるかったっていか、、、、、
だって暑いんだもん!w
スタジアム内からはゆっくり出るほうなんだけど、それでもバスの列に並んで30分かからずに乗れたんじゃないかな?これはありかも。って思いました。今度は越谷方面に挑戦してみようかな?w

でわでわ。

試合後のペトロビッチ監督のコメントはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ クリックしてくれたら嬉しいなって♪
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへにほんブログ村
11.05.21

「厳しい闘いを2-2にまで持ってきた」ペトロヴィッチ

「残念ながら今日も試合に勝つことができませんでした。しかし、特に後半、厳しい状況の試合を2-2にまで持ってきた。その点については選手に対して称賛を与えたいと思います」

【質疑応答】
(ハーフタイムに2人交代したが、それによって前半のどういうところを変えようとしたのか?)
「後半に選手を交代したことによって、前線を2トップの形にしました。その狙いとしては、前から相手の長いボールを少し阻止しようということ、そして前線にもっと人数をかけて攻撃にいく、さらにマゾーラの場合は彼の個人的な爆発力に期待しました。前半は、啓太が1人で大きなスペースを守らなくてはならず、マルシオ、陽介が前の位置にいました。それを変更して、前からプレスをかけられるようにしました。ただ鹿島アントラーズは素晴らしいチームで、前半、2-0、3-0になってもおかしくないくらいの内容でした。それを、選手たちは後半、よく2-2まで戻せたと思います」

(柏木と高崎の交代はもともと考えていたものでしょうか。その成果は?)
「最初は、陽介から高崎に代えるというプランはありませんでした。自分の中では、今日、陽介が素晴らしい試合するということがプランにありました。交代によって2トップにして、原口元気を右に、マゾーラを左にして、早い段階から相手にプレスをかけて攻撃を仕掛けるという意図で交代をしました。そういったことも、後半はうまく出てきたかなと思います。自分たちがボールを持っているときに1対1の場面も多く生まれましたから」

(私は長く浦和レッズを取材していて、選手時代も大ファンだったペトロヴィッチ監督には期待をしている。ただ、ハーフタイムのコメントにあるように、選手たちは責任を持ったプレーをしていないと思う。ボールがないところで選手たちはみんな足を止めていて、責任感がない。これは何とかできませんか?)
「長く浦和レッズを追ってきている人にとっては、このような試合の内容というのは非常に残念に感じるかと思います。ただ、自分は今年、チームにいる選手、特に、スピラノビッチ、永田もそうですし、峻希や陽介もまだ若い選手の中に入るでしょう。そういった選手と、時間をかけて良いチームを作り上げたいと考えています。昔所属していた、素晴らしい浦和レッズのビッグプレーヤーたちのようになるように、時間をかけてしっかりと前向きに私は取り組んでいくつもりです。特に今日の後半のような戦い方が、全員ができるようになれば、この先、良い未来が待っているかと思います。今いる選手たちと、自分は楽しさを持ってしっかりと仕事をしていきたいです」

(原口が左サイドにいるが、2トップやトップ下などボールタッチが多くなるポジションで使うつもりは?)
「ないです。そういう意見があるのであれば、C.ロナウドもセンターハーフでプレーできるかと思います。そうすれば彼もたくさん、ボールをもらうでしょう。元気が、たくさんボールをもらうということだけではなく、私たちはチームで戦っています。元気は自分の好みの選手ですが、自分は浦和レッズというチームのために何ができるかということを常に考えています。そして個々の名前ではなく、さらには自分のためでもなく、浦和レッズのために、この難しい時期というのは全員で乗り越えないといけないと思います。啓太は選手のときにも一緒にプレーをして、自分がキャプテンに任命した選手ですが、必要であればキャプテンであっても交代をするという選択肢を私はとらなくてはいけません」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンタ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

みれ~ぬ

Author:みれ~ぬ
FC2ブログへようこそ!

Twitter

Twitter < > Reload

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
23451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
マクロスF~名言集~


Spcial Thanks マクロスF
最近の記事+コメント
Comments<>+-
Trackback <> + -
Jリーグ公式
Lc.ツリーリンク
Lc.ツリーカテゴリー
天気予報
今日のサポ占い♪
ジオターゲティング

ジオターゲティング
広告バナー
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。